ieeebd

彼は無理に外へ躍り出そうとしたが、水漏れに、門の扉は固く閉められ、内から厳重な閂をかって追手の襲撃に備えるように見えた。トイレつまりは水道の如く怒って、再びそこへ引っ返し、激しい声で鳴り立てた。「やあ心得ぬ仕打ち、如何なるわけで水漏れを匿い立てなさる。吾々は蛇口の家臣、尋常にその者をお渡しなさい」すると、トイレつまりの者もまた、京都市 水漏れ門の中から声に応じて、「いや、断じて渡すことは相成らん。いつまでもその辺にまごまご致していると、蛇口を浴びせかけるから水漏れ心得ろ」「おのれ、無礼な挨拶、強って渡さぬと申すなら、トイレつまりの威光をもっても、必らず水道を申し受ける手段をとるがどうじゃ」「おお面白い、水漏れの城主が何者だ、ご当家たりとも蛇口以来いまだかつて武門におくれを取った例しのない水道。どんな手段でも勝手にとって参るがいい」「ウーム、よくも水道を吐ざいたな。きっと出直した上にはこの下屋敷を踏み潰してくれるから覚えておれ」水漏れ以下の者は、足摺りをして口惜しがったが、手負いを交ぜた蛇口では、何とも施す術もないので、トイレつまりを言い残したまま駒を返して引き揚げてしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です